スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「特急」と運転士勘違い、京急で駅通過ミス(読売新聞)

 28日午後11時25分頃、京急電鉄の泉岳寺発羽田空港行き急行電車(8両編成)が、本来停車するはずの立会川駅(東京都品川区)を誤って通過していたことが29日、わかった。

 同社によると、運転士と車掌が同駅を通過する特急電車と思いこんで乗務していたという。約200人が乗っており、次の平和島駅に停車した。

<知財高裁>「コーヒー豆名は商標」エチオピア政府が勝訴(毎日新聞)
スーツケース遺体 男が出頭、関与ほのめかす…石川県警(毎日新聞)
神戸の児童自立支援施設で体罰 市が処分を検討(産経新聞)
睡眠不足は伝染する?
<自民党>谷垣総裁「前面に立つ」と決意表明 参院選に向け(毎日新聞)

<不正経理>公的研究費1650万円 愛知県がんセンター (毎日新聞)

 愛知県病院事業庁は29日、県がんセンターの中央病院と研究所の職員らが03~07年度に80回にわたり、国から交付された公的研究費1650万円分を不正に経理処理していたと発表した。OB10人を含む関与した24人が国に全額返納する。同庁は、不正総額が100万円を超えた2人を懲戒処分の対象とし、同日付で研究所長(62)を減給1カ月(10%)、中央病院の男性医師(54)を戒告とした。他の現役職員12人は訓戒などとし、二村雄次・病院事業庁長も管理責任を取って給与の10%を自主返納する。

 公的研究費は、国に提案のあった研究に対し、文部科学省と厚生労働省が交付する。同センターには毎年約3億円が交付されるが、08年11月に職員による研究費約1000万円の不正処理が発覚したため、03~07年度の研究費を調査するよう国から求められていた。

 病院事業庁が設けた第三者機関の調査で、▽年度末に残った研究費を使い切ったように架空計上する「預け」が18件765万6453円▽実際とは異なる物品を買ったように装う「差し替え」が44件759万3865円--などの不正が見つかった。同庁は、「公的研究費は研究者個人やグループに直接振り込まれ、チェック体制が未整備だった。私的流用はなく、研究課題に沿って使われた」と説明している。【丸山進】

<普天間移設>「県外あきらめていない」…参院委で首相(毎日新聞)
足利事件再審 取り調べ可視化めぐり議論(産経新聞)
「キャバクラなら客になる」女子少年院でセクハラの教官処分(産経新聞)
パトカーなど衝突 警察官ら2人死亡(産経新聞)
防衛相、午後から沖縄訪問 普天間移設問題で知事らと意見交換(産経新聞)

<無人偵察機>実物大模型を日本初公開 東京・大田の展示場(毎日新聞)

 戦場や災害被災地で空からの情報収集に米軍が使用している無人偵察機「グローバルホーク」の実物大模型が24日、東京都大田区の展示場で公開された。日本での公開は初めて。全幅(主翼の長さ)は約40メートルでセスナ機の4倍。価格は最低3000万ドル(約27億円)。開発・製造の米国ノースロップ・グラマン社は「今年1月のハイチ大地震でも活躍した。日本の防衛省も導入を検討してほしい」と売り込みに力を入れている。

 高解像度レーダーや赤外線カメラなどの偵察機器を搭載し、地上からの遠隔操作により連続32時間飛行できる。同社東京事務所のオーチャード副社長は「自衛隊が硫黄島に配備すれば、朝鮮半島や尖閣諸島に片道3時間で飛ばし、監視活動を行える」と話した。アジア太平洋地域では今年初めてグアムの米軍基地に配備され、来年から運用が始まる予定。【杉尾直哉】

【関連ニュース】
神戸市:震災再開発事業で初の行政代執行
気象庁:チリ津波「過大」発言…長官は「おわび不要」
写真展:笑顔で乗り越えた被災地の子どもたち 東京
もんじゅ:「耐震性評価は適切」安全委
高校無償化:朝鮮学校対象にと要請書 外国人学校ネット

強風 杉の木が倒れ石灯籠を壊す 奈良の春日大社境内で(毎日新聞)
ホットドッグプレスがウエブ限定復刊(産経新聞)
新潟市美術館 かびやクモ発生…何が起きていたのか(毎日新聞)
大阪城ホールで阪大の卒業式 (産経新聞)
無償化に理解、兵庫知事と朝鮮学校に脅迫状(読売新聞)

首相、在任中の消費税増税せず「約束違えるべきでない」(産経新聞)

【鳩山会見詳報(8)】(26日夜)

【財政健全化】

 --先ほど首相は財政健全化法の提出を検討するとおっしゃったが、4年間の任期中に消費税率を引き上げないという前提で信頼性のある健全化法は作れるか

「私は、それは決して不可能ではないと考えております。私が政権担当している間に消費税の増税はしないと。これは国民のみなさんへ約束をいたしたものであります。その約束を簡単に違えるべきではないと、私はそのように思っております。このような条件の中で、財政の健全化の方策というものを考えるというのは大変厳しい、難しいことであろうことは私も理解をしております。ただ、まだ、私から申し上げれば、いわゆる民主党に期待をしているのは、もっと無駄をしっかりと探せと。独立行政法人、あるいは公益法人、こういったところを一つ、一つ、もっとしっかりチェックしろという声が大変強いのも事実でございまして、第1弾の事業仕分け、短い時間ではありましたが、相当がんばってくれたことも、よくみなさま方にもご評価いただいたところでありますが、なお一層の努力をまずは傾注することが大事だと、このように思っております」

「そのために、私として先般、これは幹事長にも提案をいたしたのでございますが、1期生140人、さらに参議院の1期生もおります。こういった有能な若手に公益法人、あるいは独立行政法人の見直しに一人、一人に担当をさせてほしいと。しっかりやってもらいたいと。そして、ある意味での数百人の、百数十人の協力の中で徹底的な歳出の削減の部分も含めた見直しというものを行うことで、国民のみなさま方のまずは期待に応えるべきだと考えております。ただ、それだけでは十分ではないというご指摘も出てこようかと思っております。その財政、いわゆる中期財政のフレームをどのようにして作り上げていくか、大変厳しいことであることは間違いないとは思っておりますが、約束は約束として守っていく中で、これは1年のみならず、2年、3年、4年、将来的な絵を描くことは決して私は不可能な話ではないと思っております」

【関連記事】
首相、参院選勝敗ラインは「考える状況にない」
首相「閣内不一致と言われないようにする」
首相「企業団体献金の禁止に踏み込み根っこを絶つ」
首相、支持率低下は「『頑張れ』の声」
首相、普天間問題「県外移設の道筋を考えたい」
あれから、15年 地下鉄サリン事件

「ヘッドホンの女性狙った」=わいせつ容疑で男追送検-大阪府警(時事通信)
<休刊>月刊「アドリブ」5月号で 一時20万部発行(毎日新聞)
首相動静(3月21日)(時事通信)
週刊誌報道を陳謝=閣僚辞任は否定-中井洽氏(時事通信)
狩野探幽 水墨画「雲竜図」の作者と判明 京都・興正寺(毎日新聞)

<秋篠宮さま>ラオスへ出発 28日に帰国(毎日新聞)

 秋篠宮さまと長女の眞子さまは23日午前、成田空港からラオスに向けて出発した。家禽(かきん)類の調査研究などのための私的訪問で、28日に帰国する。秋篠宮さまは当初、タイも訪問予定だったが、同国の政情不安のため、日程が変更された。

「勢力誇示したかった…」 初日の出暴走などで暴走族の少年7人逮捕 警視庁(産経新聞)
<訃報>菅谷孝子さん73歳=元清泉女子大副学長(毎日新聞)
<参院予算委>社会保障で集中審議(毎日新聞)
米国防副次官、グアム移転予算の継続求める(読売新聞)
<生体肝移植>切り取る肝臓を小さくできる手術法を開発(毎日新聞)
プロフィール

Author:さいじようひさのり
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。